ルー大柴さんルー語ことわざスッキリで披露!

今回は、朝の生放送番組「スッキリ」のVTRで出演されたルー大柴さんのルー語についてみていきたいと思います。みなさんはルー大柴さんの話すルー語って知ってますか?もしかしたら、初めて聞いた方もいるかもしれませんね。




ルー語(ルーランゲージ)とは?

ルー語とは、ルー大柴が使用していると言われる自然言語の一種である。

ルーランゲージとは、ルー大柴がユーズしていると言われるネイチャーランゲージの一カインドである。

<概要>
日本語→英単語に直せそうな単語をカタカナにする→ルー語と言う変換で生成される。その変換で生じた日本語とカタカナ語の割合によってルー語精度が決定される。

ルー語→日本語→英単語に直せそうなワードをカタカナにする→ルーランゲージと言う変換でクリエイションされる。そのチェンジでプロデュースした日本語とカタカナランゲージのレートによってルーランゲージ精度がデシジョンされる。

ルー語を調べてみたら上のような意味が出てきました。要するに、日本語を話す中で英単語に変換できる部分は英単語にしてしゃべる、っていう感じみたいです。ルー語を見てみるとなんだかもう訳がわからない感じになってますけど(笑)。ある程度英単語を覚えとかないとしゃべれないってことですね。




ルー語をスッキリで披露

「スッキリ」の中で、ルー大柴さんお得意のルー語をクイズ形式で披露されていましたのでご紹介したいと思います。今回は5つ紹介されていましたよ!

石の上にも3年→ストーンの上にもスリーイヤーズ(すとーんのうえにもすりーいやーず)

虫の知らせ→虫のインフォメーション(むしのいんふぉめーしょん)

縁の下の力持ち→縁の下のマッスルマン(えんのしたのまっするまん)

七転び八起き→七スリップ八ゲラップ(ななすりっぷやげらっぷ)

孤軍奮闘→アローン軍奮ファイト(あろーんぐんふんふぁいと)

どうですか?これ、私もテレビで見ていたんですが一つとして当たりませんでした。
中でも私のお気に入りは「虫の知らせ→虫のインフォメーション」です!すごく面白くて出先だったんですが一人で笑っちゃいました。

あと、おすすめなのは「孤軍奮闘→アローン軍奮ファイト」です。これは実際に自分で声に出して言ってみたらわかると思うんですが、結構言いにくいんですよ。でも、誰かの前で使う時のインパクトは大だと思います。

ルー大柴さんによると、このルー語というのは「エブリバデノーズ(Everybody knows)みんな知ってる英語」を使う事を意識されているそうです。そして、ルー大柴さんご自身が知ってる英語しか使わないと言われていました。だいたい、中2の二学期位までの英語だそうです!

ルー語→バットことわざをイージーにファニーにラーンできるんですよ。
日本語→しかし、ことわざを優しく楽しく学べるんですよ。




その他のルー語

その他のルー語

♦人生山あり谷あり→人生はマウンテンありバレーあり

♦頭隠して尻隠さず→頭ハイドしてヒップ隠さず

♦考える→シンクする

♦やぶから棒→やぶからスティック

♦一緒にしようぜ!→トゥギャザーしようぜ!

♦寝耳に水→寝耳にウォーター

まとめ
多分、まだまだあると思います~。ルー大柴さんのルー語について調べてみました。
ルー大柴さんてとっても面白い方ですね。ルー語をちょっと使ってみたくなりました。周りの人に引かれない程度に使ってみるのも楽しいかもしれません。




スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)