オザケン小沢健二さんMステ2017年2月歌った曲とは!?

歌手の小沢健二さんこと、オザケンが20年ぶりにMステに出演され新曲を披露されました。オザケンが活躍していたのは20年も前のことなんですね。今の若い方はオザケンにあまりなじみが無いかもしれませんがこれを機に好きになる方がいるかもしれません。

Mステで披露した曲

今回オザケンがMステで披露した曲は新曲合わせて2曲のスペシャルライブでした。「ぼくらが旅に出る理由」と新曲「流動体について」をギターを弾きながら歌われました。
この新曲「流動体について」は2月22日の猫の日に発売になったばかりのホヤホヤの曲となっています。これも緊急発売となっていたので、少し前から大注目となっていました。

オザケンはMステの中のタモリさんとのトークで「すっかりテレビ朝日の周りが変わった」とおっしゃって色々な事がこの20年間で変わったことに驚かれていました。また、隣に座っていた指原莉乃さんの事はあまり知らなかったようで謝っておられました。
また、「今年のフジロックに出ます」と爆弾発言をされていました!タモリさんがそれ言ってもいいの?って驚いて聞いたら「わからないです、言っちゃいました」とおっしゃっていました。多分言っちゃだめなやつだったと思うんですが情報として知れてラッキーですよね。

20年前のオザケン↓↓↓若い!!!

オザケンが活躍されていた90年代中盤のオザケンの人気ぶりは目を見張るものがありました。小山田圭吾さんとフリッパーズギターで活躍した後にソロになったわけですが、ソロになっても人気は衰えることはありませんでした。

昔の僕の子猫ちゃん発言

昔のオザケンの発言で知らぬ者はいないと言われている発言です。当時のおつきあいしているガールフレンドの事は「僕の子猫ちゃん♡」と呼んでいました。そして、デートも堂々としていると言っていました。自分の人生だから楽しまなきゃ、という考えの元の行動だったようです。

当時、オザケンが子猫ちゃんって言ってるのは知ってたんですが変わった人だな~って思いました。でも、彼女のことを隠したりするミュージシャンや芸能人が多いのに彼は堂々と言ってのける所が大物感を出していましたね。オザケンも若かったということでしょうか!?

オザケンのコメント

番組最後のコメントでオザケンが「20年間この番組が音楽の火をずっと灯し続けてたのが感動してます」とおっしゃっていたのに個人的にぐっときました。20年間って口で言うのは簡単ですがオザケンが言ってくれたことでタモリさんもどこか嬉しそうにしていましたよ。

関連記事→オザケン小沢健二さん流動体緊急発売19年ぶりシングル!

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)