有吉ゼミ ベトナムでジャングルクルーズ !天空バー ハチミツ 6月12日

有吉ゼミSPで、ベトナムに藤田ニコルさんと平野ノラさんが行かれたそうです。そこでジャングルクルーズというものを体験したようです。その気になるジャングルクルーズってどういうものなんでしょうか?
また、ベトナムで今超人気の天空バーにも行ったそうですが、気になりますね~。

有吉ゼミ、ベトナムでジャングルクルーズ体験

今回、ベトナムに向かったのはモデルの藤田ニコルさんとお笑い芸人の平野ノラさんです。二人がベトナムで体験したジャングルクルーズがどういったものなのか調べてみました。

~ベトナムジャングルクルーズとは~

ジャングルクルーズとは、ベトナムに流れているメコン川を小さな手漕ぎボートでクルーズ体験するものです。

全長4000km、はるかチベットを源流に持つメコン川が長い旅路の末にたどり着くのがベトナム南部。

この地域を流れる頃には、川幅はなんと3kmにも及び、縦横に支流を延ばす大河となります。日本ではちょっと体験できない大河の魅力を楽しめるのがメコン川クルーズです!

有吉ゼミ、ベトナムでジャングルクルーズ体験

ホーチミン市も含めた南部では、鉄板といってもいいツアー、それがメコン川クルーズです。

マングローブの林を手漕ぎボートで進むデルタクルーズではベトナムらしさをたっぷり味わうことができます。

教科書で見たそのメコン川にいるなんて、不思議な気分。 ゆっくりと時間が流れていて、心地よい風と空気が眠くなってくるくらいの解放感であふれています。

→メコン川クルーズ&市内観光&ベトナム料理付き**【羽田発着】おまかせ!ホーチミン5日間(2泊5日)

メコン川とは??

メコン川は中国チベット地区を源流にラオス、ミャンマー、タイ、カンボジアを流れ、最後にベトナム南部へ到達する、全長4000kmもの大河で、世界的に見ても12番目の長さとなっています。

最下流域であるベトナムでは、長い年月をかけて築かれた肥沃な湿潤地帯、メコン・デルタが形成され大河がもたらした豊穣な恵みを、人々は遥か昔からいただいてきました。

この地域はアジア最大の穀倉地帯としても知られ、ベトナムの経済にとって欠かせない地域でもあります。

メコン川の河口周辺にはいくつもの街が発展し、これらの街では支流や水路を縦横に巡らせて、大河の河口ならではの独特の生活、文化を育んでいます。

一見、泥の川、に見えなくもないメコン川ですが、泥が絶えず巻き上がっているだけで、水はきれいなのだとか。4000kmを旅してきた水は、栄養も豊富でとてもよい漁場なのだそうです

ジャングルクルーズでおすすめの食事

メコン川のジャングルクルーズに参加したらほぼ立寄りするレストランで出されている料理があります。「エレファントフィッシュ」といいます。 「象の耳」という名のこの魚、その名のとおり耳が象の様に大きいのです。
見た目はグロテスクですが、中身は普通の白身魚だということです。

有吉ゼミ。天空バーで夜遊び

今、ベトナムを始めタイなど暑い地域でで大人気の天空バー。ホテルやビルの屋上にあるバーで、夜風に吹かれながら夜景とお酒を楽しめるのでとても人気だそうです。

オープンエアのルーフトップバーで開放感を味わいながら飲むのがおすすめだということです。

こんな本当に景色のいいところでお酒を飲めたら最高ですよね!

ベトナムのハチミツ

実は、ベトナムではハチミツの養殖が盛んで、とてもおいしいと隠れた名産品になっているそうです。

そのハチミツは日本やアメリカ、カナダなどにも輸出されているそうです。

ベトナムのハチミツがおいしいなんて知りませんでしたね。

→メコン川クルーズ&市内観光&ベトナム料理付き**【羽田発着】おまかせ!ホーチミン5日間(2泊5日)

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)