ピーナッツバターのおすすめを集めました!

今回は、ピーナッツバターのおすすめ商品について調べてみました。紹介するピーナッツバターはどれも味はお墨付きです!ぜひ見てみてください!

ピーナッツバターとは
ピーナッツバターは、ピーナッツから作られた食品。 スプレッド類。パンに塗ったり、和え物の材料にして食べる。中華料理では花生醤として、様々な料理のタレの材料に用いる。アフリカ料理ではマフェなどの煮込み料理や、スープの材料として使われる。

ピーナッツバターの製法
ピーナッツをあらかじめ十分乾燥してから160℃で30分ほどていねいに炒って香りを高めるとともに水分を除去する。薄皮と胚芽はふるいで除き、粗く砕いてから、バターミルでよくすりつぶして練りこむ。ピーナッツに50%以上含まれる油分によってペースト状に変化する。これが100%純粋なピーナッツバターである。風味を増すため1~3%の食塩を加えたり砂糖や油脂を加えることもある。スムースなすりつぶしタイプと他に粗く砕いたピーナッツが含まれているものもある。日本では甘みをつけたホイップタイプが広く流通しているが、外国では無糖の固めのものが一般的である。

バターという名前は外観からつけられたもので、乳脂肪分はまったく含まれていない。

ピーナッツバターはピーナッツの脂肪分なのですね。油脂を混ぜたりはしていないとのこと。ピーナッツってそのままだと乾燥しているみたいなのに、実は脂肪分が多いのです。

*ピーナッツバターのおすすめ*


◎SKIPPY ピーナッツバター

■クリーミー
参考価格:900円(340g)

SKIPPY ピーナッツバター

■スーパーチャンク
参考価格:900円(340g)

ピーナッツバターと言えばで有名なSKIPPYのピーナッツバター。
クリーミーはその名の通り、滑らかな口溶けで人気の定番商品。
スーパーチャンクは粗く砕かれたピーナッツが入っていて、その食感も人気。
どちらも香ばしいピーナッツの香りと濃厚な甘さが口いっぱいに広がります。
保存料・添加物を一切使用していない安全品質なところもおすすめ要因のひとつ!


◎アヲハタ ピーナッツ&チョコ
参考価格:380円(160g)

有名メーカー・キューピーのアヲハタから発売されているのは、
ピーナッツ繋がりの人気キャラクターの瓶とストライプ模様が可愛いこちら!
なんとピーナッツバターとチョコクリームがストライプ状に入ったダブルクリームで、
あるようでなかった、1口で2倍美味しいピーナッツバター♪もちろん相性は抜群!
同じシリーズでピーナッツバターだけの商品もあるので、そちらもおすすめ。


◎鈴市 クリーミーピーナッツバター
参考価格:540円(270g)

落花生専門店の鈴市商店さんのクリーミーピーナッツバターは、
他で見るピーナッツバターより少し白っぽい色が特徴。
水を一体使用せず、丁寧に手間暇かけてすり潰して作られたピーナッツバターは、
甘すぎない適度な甘さで、驚くほど滑らかなベタつかない舌触り。
小さいサイズもありますが、大容量の270gがおすすめ!
落花生専門店の鈴市商店


◎「HAPPY NUTS DAY」ピーナッツバター
参考価格:388円(XSサイズ)~1,998円(Mサイズ)

HAPPY NUTS DAYのピーナッツバターは、千葉県産の落花生、北海道産のてんさい糖、九十九里の海から取れた塩の3種類の素材のみで作られています。素材の美味しさが凝縮された、最高のピーナッツバター。種類は粒なし、粒あり、サイズはお試し用のXSにMとSの各2種類。
「HAPPY NUTS DAY」ピーナッツバター


◎やちまたよしくら Love Boatピーナッツバター
参考価格:1,200円

千葉県八街産の高級落花生100%使用の無添加手作りピーナッツバターです。『八街産千葉半立』のみを100%使用し、安心・安全にこだわり、防腐剤・酸化防止剤等の化学添加物、トランス脂肪酸を多く含むと言われる水素添加植物油(マーガリン・ショートニングなど)も一切使用せずに、時間を費やし心を込めて手作りしたピーナッツバターです。ノーマルとクランチがあり、無糖もある。
やちまたよしくら Love Boatピーナッツバター


◎BIG SPOON ROASTERS ピーナッツバター
参考価格:1,900円

地元で厳選された食材を用いて素材の甘みを引き出したピーナッツバターを作り出しています。
原材料はピーナッツ、はちみつ、ココナッツオイル、海塩とシンプルなもの。ピーナッツココアやアーモンドやスパイス、黒コショウやバニラが入ったチャイペーストやアーモンドジンジャー、アーモンドバターなど、その味のバリエーションが豊富なのも魅力です。

まとめ

ピーナッツバターのおすすめでした。どうでしたでしょうか?気になるピーナッツバターはありましたか?気になる商品があれば、一度試してみてもいいですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)