もふもふ動物たちの画像まとめ♪

今回は、もふもふした動物たちについてまとめてみました。もふもふとした動物、みなさんは見た事ありますか?例えば近所の犬とか?もふもふとしたかわいい動物たちに癒されたいですよね。

まず、もふもふってどういう事を指すのでしょうか?

もふもふとは?

生き物が毛皮にくるまれているなど、ふわふわしていそうな様子。

子犬や子猫のように、もこもこふわふわした様子を表す擬態語です。

モフモフとは、動物の柔らかな毛や羽が幾重にも重なって多量の空気を包み込み、触れたら形が変わるもののすぐにもとに戻る柔らかさを表す擬態語。さらに心地よい特有の香りを感じたり、ゆるい暖かさを感じることもある。

もふもふって、ふかふかとはちょっと違う表現ですよね。ふわふわとも違う気がします。

もふもふって、普段は動物の状態を表す表現方法としてよく使われていますよね。もふもふって聞いただけで毛が多くてふんわりとして温かそうな動物かな?って思いますよね。

さらに、動物だけでなく、毛がふわふわと柔らかい状態一般を指すのにも、「もふもふ」が用いられることがあります。

例えば、ぬいぐるみ・毛布・セーター・洗いたてのタオル、さらにウエーブのかかった人間の髪を「もふもふ」と表現することがあります。

派生語として、もふもふしたものを触ることを「もふもふする」、触りたいことを「もふもふしたい」などがあります。

なんだか、もふもふって文字を見ただけであったか~い気分になってきますよね。
もしかして、食べ物にも使えるのではないでしょうか!?

「もふもふのパン」「もふもふの大福」「もふもふの肉まん」etc・・・

まとめ
もふもふしたものを見たり触ったりすると癒されますよね。この冬はもふもふしながら過ごしてみませんか?

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)