福士蒼汰さん映画「僕は明日」評価や感想①

俳優の福士蒼汰さんが現在全国公開中の映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に出演されています。この映画は京都で撮影が行われました。そんなストーリーでも京都の美しい風景でも見どころいっぱいの映画の評価が気になります。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

出演 福士蒼汰
小松菜奈
東出正大
宮崎美子

監督 三木孝浩

原作 七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

脚本 吉田智子

主題歌 back number「ハッピーエンド」

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けようとした高寿だったが、それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。
彼女のこの時の涙の理由を知る由もない高寿だったが、不器用な自分を受け入れてくれる愛美にますます惹かれてゆく。
そして、親友・上山(東出昌大)からの後押しもあり、初めてのデートで告白をして、見事OKをもらい交際をスタートさせる。

初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う、そんな初めてのことがあるたびに泣く愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。

*「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」みんなの評価*

「映画見て思ったのが、福士蒼汰イケメン過ぎやってこと」
「ほろって泣いた」
「つら過ぎて切な過ぎて涙とまんなかった」
「とりあえず30日間だけでいい福士蒼汰どっかに転がってねえかな」
「これめっちゃよかった!これは見た方がいいな」
「上から目線で言うと、ぼくは明日昨日のきみとデートする は福士蒼汰くんが主演だし、作品としても面白いので、もっと大ヒットしても良いと思うんだけどね」
「なんかもうひたすら切な過ぎて泣いた・・・福士蒼汰も小松菜奈もかわいすぎたね最高」
「良かった・・・福士蒼汰になりたい方は観るべき」
「切なさと引き換えに大切なものを痛感させられる気分になる」
「初めて映画で泣いた(笑)すげえ感動した。福士蒼汰と小松菜奈の演技の上手さと、ストーリーが感動的でやばかった」
「題名の意味が分かってからあのシーンはそういう事だったんだなって事が分かって涙腺が・・・」
「映画館で涙をこぼすましと格闘して初めて負けた」
「物語中盤から泣いて最後まで泣き続けた・・大げさとかじゃなくて本当に泣きっぱなし一瞬一瞬を大切にしようって思える映画」
「高寿側・愛美側でのストーリー展開が見ててより感情移入して泣けた」
「福士蒼汰演じる高山と、小松菜奈演じる福寿さんとの切ない恋模様がストーリー全体に漂っていて良かったです。また過去と未来を行き来しながらの話の進み方も新鮮でした」

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)