あさイチ実家の始末 家族信託や成年後見人を提案!11/20NHK

あさイチでの実家の始末における特集がありました。実家を始末するためには、家族信託や成年後見人をつけるという提案がなされていました。
あさイチ放送の実家の始末、家族信託や成年後見人について少し詳しく書いてみました。




実家を売るために家族信託を

家の始末したいのに、親が亡くなった後実家がなかなか売れない時代ですよね。

親世代は無関心と言うか、あまり自分の問題として受け止めていない人が大多数のようです。だから子供世代が幾ら勉強して「どうだろ?」と思案しても、空振りになる事が多いよう。

子供の為に親の方から家族信託という方法も考えた方がいいようですね。

家族信託も理解のある親御さんなら 良いけど、その話の時点で家族が ギクシャクしないかがとても問題のような気がしますね。

実家は、親名義のため「本人の意思」が重要視されるので親が認知症になってからでは売れなくなるんです。

これを解決するには、「家族信託」をすれば良いとのことでした。

家族信託とは?

家族間で信託契約を結び、財産の管理を任せること。財産を持っている人(委託者)が、一定の目的のために、信頼できる家族(受託者)に財産を託し、受託者は契約に従ってその財産を管理・処分し、得られた利益を、定められた受益者に給付する。
:)デジタル大辞泉より引用

しかし、現在問題点としては元気な親に家族信託のことや実家売却の相談をするのはかなり
難しいとされる。だが、いつかは必ず発生する問題のため事前に対応を検討するにこしたことはない。

親に家族信託について理解してもらうために話す時のポイントが3つある。

1:他人事のように話す
2:贈与ではなく名義変更のみのため、お金がかからない旨を話す
3:専門家に関わってもらう事を話す

実家処分で損しない方法とは?

実家処分で損しない方法がなんと3つあると言います。

1:古くてもリフォームするべからず
古い家に価値を見いだす人もいるので、そういう家が欲しい人にとっては古い家はとても嬉しいから。

2:実家が売れないからといって賃貸にしない
誰かに家を貸してしまうと、家主にはその家を維持管理して修繕費用も出さなければならない義務が発生し逆に金銭的に負担になってくるため。

3:実家が空き家だからといって無駄に維持してしまわない
空き家の維持費は50坪で約34万円もかかる。これには自治会費や修繕費用、固定資産税等も入っている。




成年後見人制度とは?

まだまだと思っていても、けっこう身近な問題です。親の家、相続、財産管理、成年後見人、家族信託等…。

成年後見制度とは 成年後見制度は精神上の障害 (知的障害、精神障害、認知症など)により判断能力が十分でない方が不利益を被らないように 家庭裁判所に申立てをして、その方を援助してくれる人を付けてもらう制度です。

成年後見制度とは – 成年後見制度完全マニュアルより引用

親が認知症になると成年後見人(弁護士)に月々8万円を支払うケースもあり、金銭的に難しい人もいる。
成年後見人に毎月多額の費用を払うより、家族信託の方が、平穏な気持ちでいられそう。
親の成年後見人に最低でも月4万円払わなければならない。仕事は、月1回の面会と年1回の収支報告ぐらい。裁判所が決めるから、解任とかも簡単には出来ない。
イヤな成年後見人でも、不正などが無い限り交代はできない、とは、消費者にとって一方的に不利な契約ではないだろうか?

成年後見人は未成年はできないそうです。

関連記事はこちら→「あさイチ」もち麦レシピ カオマンガイ&彩り野菜のタブレ11/21NHK




スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)